40代からの骨の老化、老け顔対策に


こちら、顎の骨です。
下顎の関節部分の太さが左右で違いますね。
こういう方は少なくないそうです。

女性は40代から女性ホルモンの低下により骨密度が減ってゆきます。
よく骨折の心配をする方がいらっしゃいますが、それよりお顔の骨がちじみお顔の筋肉がたるみ肌の弾力が無くなり老け顔になるのも怖くないですか?

減ってしまった骨は元には戻ることはありません。

こちらの写真の方も、このまま左右差のあるまま骨は更にちじみます。

なんとか老化と適度に折り合いをつけ程良い歳を重ねるなら、医療とリラクゼーションの両方を利用されることが大切です。

医療は矯正歯科など専門医院にて噛み合わせなど調整して頂き婦人科にて血液検査でホルモン数値を調べ足りなかったら補充し骨の老化など他の老化も緩やかにする。(ホルモン補充療法についてはその方の判断だと思います。メリットとデメリットがありますのでご検討下さい。)
整骨院では、顎関節症の歪みは体全体に影響してゆきますので早めに調整治療を受けて頂けたらと思います。

リラクゼーションでは、フランス式メディカルMLDリンパドレナージュで顎関関節の可動域を広げ口腔内リンパドレナージュ・お顔・頭・首のリンパドレナージュを受けコリや張りを軽減しセルフケア・運動療法を学び日々行う。

フランス式メディカルMLDリンパドレナージュは、脳骨髄液・血液・リンパ液の流を促すだけでなくエイジングケアにもプラスに成ります。

私も14年以上続けています。
いろいろな美容法がありますが、コスパはとても良いと思いますよ。






三多摩唯一の総合リラクゼーションスクール ボディリラクゼーション専門学院

東京都にて唯一!!一般の方をモデルに授業が受けられる実践方式の個別スケジュール・指導総合リラクゼーション専門学院ボディリラクゼーション専門学院です。 併設サロンリンパ流しラボにて、エミール・ヴォッター博士考案フランス式メディカルMLDリンパドレナージュの施術も受けられます。リンパ浮腫・痩身・リラクゼーションにご利用下さい(予約制) 緩和ケア・高齢者向け訪問リラクゼーションサービスのご相談も。

0コメント

  • 1000 / 1000